人から人へ手から手へ
トップページ › 
コンセプト › 
人から人へ手から手へ

毎日使う物だから、暮らしを共にする家具だから手にしたときに 安らぎを感じるものがいい。

人の手によって作られた物には心地の良い・・・・。
使う人の事を考えながら技を生かして思いを込めて作り出していく家具。そして使い手に届けられ、時とともに手に馴染んでくる。永く使い続けて頂く事で愛着が生まれ、暮らしには無くてはならない物へとなっていく。
材質・技術・デザイン性、普遍的で愛着のある家具たち「ずっと使える 使いたいと思う家具」。作り手から使い手へ、そして次の世代へ手渡していく月日を経て、受け継がれていく。 
心安らぐ場所として、家族との癒しの場所として、楽しい場所として手渡した家具たちが心地の良い場所となっていく。そんな素敵な出会いを私たちは、伝えて行きたいと思うのです。