スタッフブログ
トップページ › 
スタッフブログ
NOGAMI BLOG
2016.4.6
ランプのご紹介です

店前の桜も遂に開花を迎えました。

遅咲きの桜です。

image

ふんわりとした花がとても愛らしいです

しかし、今日も折れた枝が・・・

やはり捨てられず、昨日の枝と一緒に生けています。

咲いてくれる事を願うばかりです・・・

 

さて、本日は雑貨よりランプのご紹介です。

image

今回ご紹介するランプのオイルは「臭わず、煤も出ず、劣化せず」なオイルです。

このオイルは蝋燭の蝋が液体になった様なオイルです。

そのため匂いが無く劣化しません。

そして、不純物が少ないため煤が出ないのです。

また、引火性が低いため万が一倒してしまってもオイルに引火しにくいのです。

image

ちょっと心を休ませたいときにいかがですか?

image image

 

そんなランプを本日はbistro横濱様にご納品させて頂きました。

暖かみのあるとてもいい雰囲気のお店です。

image image image

飲食店以外でもお部屋の雰囲気づくりにいかがですか?


COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : Nogami Diary 商品紹介 
2016.4.5
レイアウトを替えました【アンティーク】

今朝、店前の道を掃除していましたら折れた桜を見つけました・・・

まだ花をつけておらず、他の蕾は順調に開花の準備をしているのに。

鳥か風か・・・折れてしまった枝を見ていると、何故か捨てるすることが出来ませんでした。

そこで、店内に生けてみました。

IMG_0536

水あげのために少し割っています。

無事に花を咲かしてくれればいいのですが・・・

 

さて、本日は少しですがアンティークのレイアウトを替えてみました。

アンティークは一点もののため展示がよく入れ替わります。

そのたびにお店の雰囲気が大きく変わり、レイアウトいている私共もとても楽しんでいます。

IMG_0538  IMG_0537

Beforeの写真がなくて申し訳ありません・・・

アンティークはレイアウトの仕方でとてもクラシックな空間を演出できます。

お部屋のアクセントなどにもいかがでしょうか?

アンティークは様々な形式があり大変奥が深いです。

今後、そういったこともブログにて配信していきたいと思います。


COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : Nogami Diary 
2016.4.4
新商品のご紹介です!

今日の愛媛は雨でした・・・

せっかく満開の桜が散ってしまわないか心配です・・・

店頭前の桜はまだ咲いていません。

恥ずかしがり屋さんののでしょうか

 

さて今回は前々回に引き続き新商品ご紹介です!

今回も北の住まい設計社よりdeskが届いています。

IMG_0535

こちらの商品は「Made in Hokkaido」シリーズの一つです。

その名の通り、道産の木で北海道の職人が一つ一つこだわり抜いて作り上げたデスクです。

北の住まい設計社では自分たちで木を木材へと加工し、洗練された技で家具へと生まれ変わらせます。

自然由来の素材で、人にも自然にも優しい家具を創る。

そんな職人たちのデスクで新生活を豊かにしてみてはいかがでしょうか


COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : Nogami Diary 商品紹介 
2016.4.3
花見の季節です。

あっという間に4月です!

昨日のブログにも書いていましたがnogamiにも新しいスタッフが入り

にぎやかになりそうです!

さて花見の季節がやってきました。

nogamiの近所の公園も桜が満開です!

IMG_0534

今日は残念ながら少し雨が降ってはいますが

天気がいい日はこの公園でお弁当をだべるのが最高です!

nogamiの近くに来られた際は是非見に行ってみてください!

大きな桜の木が待っています!


COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : Nogami Diary 
2016.4.2
新しい顔が加わりました!

とても暖かくなってまいりました!

愛媛県は桜が満開です。

店頭前の桜並木は遅咲きなのですが、今にも開花しそうです!

IMG_0508

 

さて4月といえば出会いの季節ですね。

nogamiにも新たな仲間が加わります!

名前は加藤大季君、ピカピカの一年生です!

本人は「まだまだ、家具のことは勉強中ですが皆様に満足して楽しんで頂けるように尽力していきます」とのことです。

写真を撮られるのは苦手らしく、少し顔が固いですね(笑)

IMG_0532

そして家具の方にも新しい顔が加わりました!

北の住まい設計社から子供用の椅子が届いています。

IMG_0504

子供用とはいえ作りはしっかりしており、大人が座っても大丈夫です。

座面の位置も一般的な椅子と比べると高く作っているので小さなお子様がいらっしゃるご家庭で活躍されるかと思います。

 

nogamiではフェイスブックも行っています。

そちらもよろしければ見てみてください!


COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : Nogami Diary 
2016.3.30
北の住まい設計社 ウォルナット・ブラックチェリー 最終受注です。

北の住まい設計社のウォルナット、ブラックチェリーが明日を持って受注を締切になります。

とうとうこの日がやって来てしまいました。

約20年、北の住まい設計社とnogami etc…ともに過ごしてきたのでさびしく感じます。

そのウォルナット、ブラックチェリー明日が最後の締め切りとなります。

まさに逸品と呼べるウォルナット、ブラックチェリーの家具たち。

永く使えば愛着がでる木たちです。

是非ご検討くださいませ。

             

 

 

 

 

 

 


COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : Nogami Diary 
2016.3.6
HOKKAIDO×HIDA展最終日でした!

今日は本当に暖かかったですね!

そんな今日はHOKKAIDO×HIDA展の最終日でした!

 

今日で北海道や飛騨の物産はNogamiからなくなります。

しかし、家具の方は一部店頭からなくなりますが多くのものがイベント後も展示しております。

イベント中にいらっしゃれなかった方も北の住まいと日進木工の木の温もりを感じられる家具をご覧になりにいらしてください!

IMG_1720

今回のイベントでは日本の木が持つ温かさ、職人の洗練された技を皆様にお伝えしたいと思い開催いたしました。

そのごく一部でも皆様に伝わっていれば私どもとしては満足です。

昨今、安価なものが多く流通しています。

それは家具にも言えることです。

お手頃な価格というのは魅力的です。

それでも妥協を許さない、「本物」にこだわり続ける職人たちがいます。

本物の「素材」を本物の「技」で本物の「心」でお送りする家具。

それは皆様の暮らしを豊かにしたいとゆう思いのあらわれです。

暮らしに寄り添う家具を皆様に。

皆様に「心」をお届けいたします。

今後ともNogamiは皆様と一緒に歩んでいきたいと思います。

今後ともよろしくお願い致します。

IMG_1719


COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : Nogami Diary 
2016.3.5
HOKKAIDO×HIDA展 残り一日です!【~3/6】

日に日に暖かくなってきましたね。

温度差が激しい日が続きますのでどうぞご自愛ください。

 

さて、本日は明日最終日を迎える「HOKKAIDO×HIDA展」のご案内です。

北海道の北の住まい設計社がおくる「Made in Hokkaido」。

IMG_1717

道産の木材にこだわっり、北海道の職人が丹精込めて作り上げた家具をご用意しております。

そして、北の住まい設計社は4月から輸入木材を扱わなくなります。

そのため、ウォールナットやブラックチェリーは取扱いがなくなります。

もし現在お考えのお品がありましたら気軽にお問合せください。

 

飛騨の日進木工からはスタッフが来てくださっています。

IMG_1714

私どもでは対応に時間が必要な細かなご注文も承ります。

「こんな家具が欲しい」「もっとこうならいいのに」といった思いにお応えできるかもしれません。

お気軽にご相談ください。

期間中は普段より多くの家具を展示しております。

ぜひ遊びに来てください。


COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : Nogami Diary 
2016.2.28
HOKKAIDO×HIDA展残り一週間です!【~3/6】

現在開催中のHOKKAIDO×HIDA展も残すところ一週間となりました!

本日は本イベントの全体的な趣旨をご案内いたします。

今回のイベントは「日本の森から生まれた木の家具展」をメインテーマに掲げています。

日進木工の高橋さんにお話を伺ったところ昔と比べると日本の木材で作った家具は減ってきているそうです。

もしかしたら数十年後には国産の木材での家具の製造は難しくなるかもしれないとのことでした。

それは日本の森の木は杉や檜が多くを占めていることが原因だそうで

戦後、育つのが早い針葉樹を植林したためかと考えられます。

杉や檜は柔らかいため永い間お使い頂くことができない場合もあるので

そのため現在作られている家具としては多くはありません。

家具の材料に適しているナラやカエデは今の日本の森にはあまり多くないそうです。

そして、木材とて使うために植林しても30年以上の年月が必要です。

そのため、家具に適した木材の多くは海外からの輸入に頼っているのが現状なのです・・・

IMG_1701

 

私たち日本人は昔から木と共に生きてきました。

お箸から住居に至るまで多くのものを木で作り、治し、共に生きてきた「木」。

近年、それらの多くが木材以外の素材で作られるようになりました。

この機会に今一度、日本の木に、そしてそれを加工する日本の職人の技に触れてみてはいかがでしょうか?

直に木に触れて頂くための家具の端材を使ったワークショップも開催しております。

IMG_1703

ちょっと照れくさそうな高橋さん(日進木工)

IMG_1702


COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : Nogami Diary 
2016.2.25
HOKKAIDO × HIDA展開催中!(~3/6) 家具のご紹介です!

前回は雑貨をご紹介しましたが、今回は家具のご紹介です!

 

まずは北海道から「北の住まい設計社」の家具です!

IMG_1689

今回、北の住まい設計社からは「made in hokkaido」のご紹介です。

北海道の素材の持つ美しさを最大限に引き出し、シンプルが故に美しい。

そんな家具です。

IMG_1696

北の住まい設計社の家具には見えないところに誰が作ったかわかるタグがついています。

IMG_1690

それは、もしもの時は自分が責任を持ってもいいという「自信」。

そして、自分が作った家具である事への「誇り」のあらわれではないでしょうか。

IMG_1688

 

次に飛騨から「日進木工」様の家具のご紹介です!

IMG_1693

日進木工様の家具を一言で言うなら「可愛くて綺麗」です。

日進木工様の家具はとても綺麗な曲線が特徴です。

IMG_1685

その曲線は削って出した物だけでなく、まっすぐな木材を職人が曲げて作り出すという工法も

使われています。

それは機械で流れ作業的に行う製造方法では決して出せない曲線。

家具の名産地のひとつである「飛騨高山」、そこで培った技だからこそできる事なのです。

IMG_1686

生活を豊かに、快適してくれるような家具を数多くご提案している日進木工ですが・・・

イベント期間中の土曜日・日曜日は日進木工様のスタッフが来てくださいます!

日進木工の家具をお持ちでない方はもちろんお持ちの方も、質問に来られてはいかがでしょうか?

ご使用なされての疑問もあるかと思います。

もちろん質問だけのご来店も歓迎いたします♪

 


COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : Nogami Diary