スタッフブログ
 › 
スタッフブログ › 
 › 
 「飛騨の家具展2018~BEAUTY FOR LIFE」の展示商品のご紹介です!【~2/25まで】
NOGAMI BLOG
2018.2.23
「飛騨の家具展2018~BEAUTY FOR LIFE」の展示商品のご紹介です!【~2/25まで】

次第に過ごしやすくなってきたように感じるブログ係です。

一か月ほど前は大変な寒さでしたが、日差しに春を感じれるようになりなんだか気持ちも明るくなります。

季節の変わり目で体調を崩しやすい時期ですのでどうぞご自愛くださいませ。

 

今回も「飛騨の家具展2018」の期間中に展示している飛騨の家具をご紹介いたします。

本イベントも残すところ僅かとなっております!

一度ご覧になり気になった家具があった方は、場合によっては26日以降の展示がなくなることもありますのでもう一度お確かめにいらしてください!

まだご覧になっておられない方は、例年よりボリュームアップしたイベントですので是非お越しください!

本日は26日以降の展示がない可能性がある家具を一挙にご紹介です!

今回は画像多めでお送りいたします!

まずはこちらです!

image

 

スタイリッシュな二本脚が特徴のテーブルと使いやすいセミアームのチェアです!

二本脚のテーブルはお部屋をすっきりと見せることができ、アームチェアやベンチと合わせても使いやすいのが特徴です。

一般的には上下を逆にした「T」のうような形の二本脚がおおいですが、本品は「Λ」のようになっており二本足の特徴を生かしつつよりスタイリッシュなデザインになっています。

材質や大きさも選んで頂くことがでます。

チェアは普通の半分ほどのアームを持っています。

圧迫感もなく、掛けていただいた際に程よく腕を休めることができるのでとてもゆったりと座っていただくことができます。

材質や色を選んで頂けるので、テーブルと共にお部屋やお好みに合わせることができますよ!

おススメのダイニングセットです!

 

続いてはこちらです!

image

上下を逆にした「T」のような形の二本脚のテーブルと滑らかな曲線が目を引くチェアです!

チェアは大き目の座面でゆったりと座って頂け、木の風合いとシンプルなデザインは空間に馴染んでくれます。

各部の曲線がとても綺麗で、味わい深いチェアになっています!

テーブルの脚はただ「T」字にするだけでなく支えを二重にすることで安定感がましスッキリと見えてくれます。

こちらのシリーズでは脚の形、天板のサイズ、天板までの高さ、樹種や色を自由に選んで頂けます。

高さ以外の全てを変えるとこんな感じです!

image

全く別物ですよね!

他にももっとスタイリッシュでデザインから安定感のあるデザインまであり、

大きさも横幅は10cm、縦幅は5cmほどの刻みで選んで頂けるのです!

用途や間取り、好みに合わせて貴方のためのテーブルをご用意させていただくことができます!

 

続いてこちらのテーブルです!

image

モダン&ワイルドな雰囲気のテーブルです!

マットに仕上げた脚がモダンでスッキリとした印象をお部屋に与えてくれます。

天板は厚めに仕上げることで落ち着いた雰囲気にしています。

さらに、「うづくり」と呼ばれる技法で木の固いところを残し柔らかい部分を削っています。

それによりワイルドな雰囲気も生まれてくれていますね!

デザイナーズチェアなどとの相性も良いですよ!

サイズは数種類ございますのでお好きなものを選んで頂けます!

 

最後にこちらのチェアです!

image

シンプル&モダンなチェアです!

しかし、よく見るととても作りこまれているのです!

一つ一つのラインの取り方や角度、無駄をそぎ落としたデザインには暮らしを彩る美しさがあります。

そして座り心地もとても良いのです!

ふっと全身の力を抜くことができるような優しい座り心地はダイニングだけでなく書斎などで貴方のためのチェアとなってくれます。

是非一度、ご覧になっていただきたいチェアです。

 

「飛騨の家具展2018」の情報をお伝えするのも恐らく今回が最後かと思います!

まだまだご紹介できていないものも御座いますので、お時間がよろしければ是非ご来店ください!


COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : Nogami Diary 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントフィード

トラックバックURL: http://nogamikaguten.sakura.ne.jp/blog/wp-trackback.php?p=2642