スタッフブログ
 › 
スタッフブログ › 
 › 
 飛騨の家具展2018~BEAUTY FOR LIFE~の展示品をご紹介です!【~2/25】
NOGAMI BLOG
2018.2.16
飛騨の家具展2018~BEAUTY FOR LIFE~の展示品をご紹介です!【~2/25】

今回は只今開催中の飛騨の家具展の期間中にメーカーからお借りしている家具をご紹介いたします!

今回ご紹介するかぐはイベント最終日である2月25日以降は展示がなくなってしまう可能性のある商品です。

気になるものがございましたら是非実際にお試しにいらしてください!

それではまずはこちらご紹介いたします!

image

 

ご自宅のリビングをカフェのような雰囲気にすることができるテーブルとチェアです!

脚が中から外に斜めにつけられているため軽快な印象になっていますよね。

実際にチェアにかけて頂いても圧迫感を感じることなく使って頂くことができます。

ご自宅に置かれる際はテーブルの上にペンダントライト(吊るすタイプの照明)を設置するとよりカフェ風に明るくなりますよ!

チェアは円形の座面のため身体を回転させて座っても座り心地が良いです。

こちらのチェアは普段から一脚のみを展示させて頂いているのですが今回は追加で4脚と

背もたれをカットしたようなスツールも持ってきて頂いております!

こちらのテーブルは樹種を選べるようになっており「ナラ」「ブナ」「ウォールナット」の三つの中から選んで頂けます。

上の写真は「ブナ」で御作りしたものです。

さらにイベント期間中は同じ大きさで「ウォールナット」バージョンも展示しております!

image

スツールは「ナラ」でご用意しており、三樹種すべての雰囲気を見ていただくことが可能です!

サイズの変更なども可能なので是非ご覧にいらしてください!

 

続いてこちらのソファです!

image

シンプル&モダンなソファです。

固すぎず柔らかすぎずしっとりとした座り心地で、深すぎず浅すぎず座りやすい座面は大変心地よいです。

背もたれも圧迫感のない高さですが、肩甲骨付近まで支えてくれるためとてもリラックスできます。

各サイズのバランスが絶妙で深く息をつきたくなるようなソファです!

ほぼフラットな座面のためラフな体勢で座ったり、ちょっとお昼寝するのにも良いです。

ひじ掛けの部分のクッションは置きクッションになっているため枕代わりにしたりなどご自由に使って頂けます。

後ろ姿もとてもきれいなのですよ!

image

後ろを見せれるというよりも後ろを見せてしまいたいようなデザインですよね!

脚の長さを「ハイタイプ」と「ロータイプ」から、サイズも二種類から選んで頂けます。

脚は脱着可能なため60cmほどの幅があればお部屋への出し入れが可能です。

とてもおススメのソファです。是非お試しにいらしてください。

 

最後にこちらです!

image

木のもつ力強さを楽しむことのできるテレビボードです。

シンプルなデザインゆえに木の質感が際立ってくれます。

テレビ本体はどうしても単調なお色になりがちです。

また、ほとんどが樹脂や金属の光沢感のある仕上げになっています。

木材はインテリア的な包容力があり鉄などの異素材とも相性が良いのが魅力です。

こちらのテレビボード単体で見ると荒々しく思われるかもしれませんがテレビと合わせるとお部屋にしっかりと馴染んでくれますよ!

両サイドの引き出しの中には小引き出しがあり、収納力もございます。

image

中央のデッキなどを入れられる部分はアクリルボードに薄い木の板を張っています。

そうすることで、中身を隠しつつリモコンを妨げないので使いやすく綺麗に仕上がっています。

可能な限りデッキなどを隠したい方にはおススメのテレビボードです!

 

今回は只今開催中の飛騨の家具展より展示品をご紹介いたしました!

他にも今年からの新商品などもございますのでお時間のよろしい方は是非いらしてください。

心よりお待ちしております。


COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : Nogami Diary 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントフィード

トラックバックURL: http://nogamikaguten.sakura.ne.jp/blog/wp-trackback.php?p=2625