スタッフブログ
トップページ › 
スタッフブログ › 
2018年2月
NOGAMI BLOG
2018年2月
2018.2.23
「飛騨の家具展2018~BEAUTY FOR LIFE」の展示商品のご紹介です!【~2/25まで】

次第に過ごしやすくなってきたように感じるブログ係です。

一か月ほど前は大変な寒さでしたが、日差しに春を感じれるようになりなんだか気持ちも明るくなります。

季節の変わり目で体調を崩しやすい時期ですのでどうぞご自愛くださいませ。

 

今回も「飛騨の家具展2018」の期間中に展示している飛騨の家具をご紹介いたします。

本イベントも残すところ僅かとなっております!

一度ご覧になり気になった家具があった方は、場合によっては26日以降の展示がなくなることもありますのでもう一度お確かめにいらしてください!

まだご覧になっておられない方は、例年よりボリュームアップしたイベントですので是非お越しください!

本日は26日以降の展示がない可能性がある家具を一挙にご紹介です!

今回は画像多めでお送りいたします!

まずはこちらです!

image

 

スタイリッシュな二本脚が特徴のテーブルと使いやすいセミアームのチェアです!

二本脚のテーブルはお部屋をすっきりと見せることができ、アームチェアやベンチと合わせても使いやすいのが特徴です。

一般的には上下を逆にした「T」のうような形の二本脚がおおいですが、本品は「Λ」のようになっており二本足の特徴を生かしつつよりスタイリッシュなデザインになっています。

材質や大きさも選んで頂くことがでます。

チェアは普通の半分ほどのアームを持っています。

圧迫感もなく、掛けていただいた際に程よく腕を休めることができるのでとてもゆったりと座っていただくことができます。

材質や色を選んで頂けるので、テーブルと共にお部屋やお好みに合わせることができますよ!

おススメのダイニングセットです!

 

続いてはこちらです!

image

上下を逆にした「T」のような形の二本脚のテーブルと滑らかな曲線が目を引くチェアです!

チェアは大き目の座面でゆったりと座って頂け、木の風合いとシンプルなデザインは空間に馴染んでくれます。

各部の曲線がとても綺麗で、味わい深いチェアになっています!

テーブルの脚はただ「T」字にするだけでなく支えを二重にすることで安定感がましスッキリと見えてくれます。

こちらのシリーズでは脚の形、天板のサイズ、天板までの高さ、樹種や色を自由に選んで頂けます。

高さ以外の全てを変えるとこんな感じです!

image

全く別物ですよね!

他にももっとスタイリッシュでデザインから安定感のあるデザインまであり、

大きさも横幅は10cm、縦幅は5cmほどの刻みで選んで頂けるのです!

用途や間取り、好みに合わせて貴方のためのテーブルをご用意させていただくことができます!

 

続いてこちらのテーブルです!

image

モダン&ワイルドな雰囲気のテーブルです!

マットに仕上げた脚がモダンでスッキリとした印象をお部屋に与えてくれます。

天板は厚めに仕上げることで落ち着いた雰囲気にしています。

さらに、「うづくり」と呼ばれる技法で木の固いところを残し柔らかい部分を削っています。

それによりワイルドな雰囲気も生まれてくれていますね!

デザイナーズチェアなどとの相性も良いですよ!

サイズは数種類ございますのでお好きなものを選んで頂けます!

 

最後にこちらのチェアです!

image

シンプル&モダンなチェアです!

しかし、よく見るととても作りこまれているのです!

一つ一つのラインの取り方や角度、無駄をそぎ落としたデザインには暮らしを彩る美しさがあります。

そして座り心地もとても良いのです!

ふっと全身の力を抜くことができるような優しい座り心地はダイニングだけでなく書斎などで貴方のためのチェアとなってくれます。

是非一度、ご覧になっていただきたいチェアです。

 

「飛騨の家具展2018」の情報をお伝えするのも恐らく今回が最後かと思います!

まだまだご紹介できていないものも御座いますので、お時間がよろしければ是非ご来店ください!


COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : Nogami Diary 
2018.2.20
一枚板・剥ぎ板のテーブルコレクションがスタートしました!

只今開催中の「飛騨の家具展~BEAUTY FOR LIFE~」も残り僅かとなってまいりました!

イベントは2月25日までで26日には多くの家具が飛騨に戻ってしまいます。

24日と25日にはワークショップ「ウッドバーニング」と「カッティングボード制作」も行っていますのでご家族で遊びにいらしてください!

さほどに難しくないためお気軽にどうぞ

両方とも無料で行っておりますが、数に限りがございます。

ご興味のある方は是非この機会に!

 

今回も只今開催中の「飛騨の家具展~BEAUTY FOR LIFE~」より展示中の家具をご紹介いたします!

本日は板から仕上げの方法まで自分好みにセレクトできるテーブルコレクションをご紹介です!

まずは展示させて頂いているテーブルをご紹介いたします。

image

すごく格好良いですよね!

深いブラウンの色が特徴のウォールナットを使用しています。

ダイニングテーブルの大きさにするために二枚の板を真ん中で継ぎ合わせていますが同じ丸太からとれた木材のため色や木目がそろってくれています。

あまり知られていないのですがウォールナットには「白太」と呼ばれる部分があります。

丸太の状態で外側だった部分で、色が薄いのが特徴です。

材質的には家具にしても全く問題ないのですが濃い色の中に薄い色が入りすぎると荒々しく見えてしまうため一般的なものはこの白太の部分を除き、色が濃い部分のみを使用します。

しかし、今回はあえて両サイドに白太を入れてみました!

そうすることで立体感が出てより濃い色と木目が目立ってくれます!

ウォールナットのシックな雰囲気をより楽しんで頂くことができるかと思います。

そして細部の仕上げはちょっとワイルドにしてみました!

板の断面はあまり仕上げず、クラフト感を出しています。

image

ウォールナットの格好良さをより引き立ててくれていますね!

白太のある両サイドは木の皮を残しています。

image

素材の持つナチュラルで格好良い風合いを残すことでよりワイルドに仕上げっています。

脚は板の風合いを邪魔せず、ちょっとモダンな雰囲気をプラスする金属製の足をセレクトしています。

image

光沢感のない仕上げのため脚のみが主張することもなく、デザインもきれいなので迫力のある天板とも馴染んでくれていますね!

全体的に格好良いテーブルに仕上がっています!

そして、このテーブルコレクションの良いところは「全てを選ぶ」ことができる点です!

たとえば同じくウォールナットの板を使用し、もっとシックに仕上げたい場合はこのようにもできるのです!

image

白太を真ん中にもいれることでモダンな雰囲気にしつつ、落ち着いた感じも出てくれます。

白太の筋が細かく入ると荒くみえますが大きく入ると全体的なまとまりが出てくれますね!

断面はしっかりと仕上げることで落ち着いた雰囲気にしています。

image

一般的な仕上げてはありますが、大きな板を使うため年輪がしっかりと見えています。

白太の両サイドは木の皮を少しだけ残し、ナチュラルさを演出しています。

image

立体感も出てくれるため、存在感も増してくれますね!

脚は最初のテーブルと同じく光沢のない仕上げの金属脚をつけています。

天板のイメージだけで全く別のテーブルになっていますね!

実際に御作りする際は加工前の板を見ていただき、仕上げの方法や大きさ、脚のデザインや色などをすべて選んで頂けます!

例えば、ナチュラルな色の天板に木製の足をつけるとこんな感じです!

一枚板A

 

大きな板を使用したテーブルの何よりの魅力はその迫力です。

在るだけで空間の雰囲気を作り上げてくれるだけの力強さを持っています。

そしてチェアや他のインテリアを引き立てる包容力があり、見ていると心を安らげてくれるようなやさしさがあるのです。

それこそが木の良さなのです。

私たちがご紹介するテーブルコレクションが何故、細部までセレクトできるのか。

それはお部屋に馴染むものに仕上げていただきたいからです。

家具が自己主張する空間ではなく、貴方が暮らしたいと思えるお部屋を作りたいと思うからです。

板の迫力のみでお部屋を作るのではなく、脚のデザインや木の使い方にまでこだわる。

木の迫力と優しさ、各部のデザインと仕上げ、自然と人との調和が貴方のための最高のテーブルを生み出してくれるのです。

 

今回ご紹介いたしましたテーブルコレクションの名前は『年輪』。

年輪があるからこそ木製のテーブルには木目というアートが生まれます。

暑さや寒さ、風や雪、厳しい環境の中をじっと耐え、一年に一筋づつ約100年間をかけ描きあげる。

それは自然が育んだ唯一無二のデザインなのです。

そして世界で一つの美しさを生かすのは人の手。

通常1年ほどの天然乾燥を10年以上行うことで熟成されより美しく使いやすく。

仕上げにも手を抜かず細部に至るまで。

仕上がった家具に奇抜さも驚きもありませんが確かに美しい。

そんな家具と貴方が出会えることをお祈りしております。


COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : Nogami Diary 
2018.2.16
飛騨の家具展2018~BEAUTY FOR LIFE~の展示品をご紹介です!【~2/25】

今回は只今開催中の飛騨の家具展の期間中にメーカーからお借りしている家具をご紹介いたします!

今回ご紹介するかぐはイベント最終日である2月25日以降は展示がなくなってしまう可能性のある商品です。

気になるものがございましたら是非実際にお試しにいらしてください!

それではまずはこちらご紹介いたします!

image

 

ご自宅のリビングをカフェのような雰囲気にすることができるテーブルとチェアです!

脚が中から外に斜めにつけられているため軽快な印象になっていますよね。

実際にチェアにかけて頂いても圧迫感を感じることなく使って頂くことができます。

ご自宅に置かれる際はテーブルの上にペンダントライト(吊るすタイプの照明)を設置するとよりカフェ風に明るくなりますよ!

チェアは円形の座面のため身体を回転させて座っても座り心地が良いです。

こちらのチェアは普段から一脚のみを展示させて頂いているのですが今回は追加で4脚と

背もたれをカットしたようなスツールも持ってきて頂いております!

こちらのテーブルは樹種を選べるようになっており「ナラ」「ブナ」「ウォールナット」の三つの中から選んで頂けます。

上の写真は「ブナ」で御作りしたものです。

さらにイベント期間中は同じ大きさで「ウォールナット」バージョンも展示しております!

image

スツールは「ナラ」でご用意しており、三樹種すべての雰囲気を見ていただくことが可能です!

サイズの変更なども可能なので是非ご覧にいらしてください!

 

続いてこちらのソファです!

image

シンプル&モダンなソファです。

固すぎず柔らかすぎずしっとりとした座り心地で、深すぎず浅すぎず座りやすい座面は大変心地よいです。

背もたれも圧迫感のない高さですが、肩甲骨付近まで支えてくれるためとてもリラックスできます。

各サイズのバランスが絶妙で深く息をつきたくなるようなソファです!

ほぼフラットな座面のためラフな体勢で座ったり、ちょっとお昼寝するのにも良いです。

ひじ掛けの部分のクッションは置きクッションになっているため枕代わりにしたりなどご自由に使って頂けます。

後ろ姿もとてもきれいなのですよ!

image

後ろを見せれるというよりも後ろを見せてしまいたいようなデザインですよね!

脚の長さを「ハイタイプ」と「ロータイプ」から、サイズも二種類から選んで頂けます。

脚は脱着可能なため60cmほどの幅があればお部屋への出し入れが可能です。

とてもおススメのソファです。是非お試しにいらしてください。

 

最後にこちらです!

image

木のもつ力強さを楽しむことのできるテレビボードです。

シンプルなデザインゆえに木の質感が際立ってくれます。

テレビ本体はどうしても単調なお色になりがちです。

また、ほとんどが樹脂や金属の光沢感のある仕上げになっています。

木材はインテリア的な包容力があり鉄などの異素材とも相性が良いのが魅力です。

こちらのテレビボード単体で見ると荒々しく思われるかもしれませんがテレビと合わせるとお部屋にしっかりと馴染んでくれますよ!

両サイドの引き出しの中には小引き出しがあり、収納力もございます。

image

中央のデッキなどを入れられる部分はアクリルボードに薄い木の板を張っています。

そうすることで、中身を隠しつつリモコンを妨げないので使いやすく綺麗に仕上がっています。

可能な限りデッキなどを隠したい方にはおススメのテレビボードです!

 

今回は只今開催中の飛騨の家具展より展示品をご紹介いたしました!

他にも今年からの新商品などもございますのでお時間のよろしい方は是非いらしてください。

心よりお待ちしております。


COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : Nogami Diary 
2018.2.13
「飛騨の家具展2018~BEAUTY FOR LIFE~」開催中です!

只今、開催中の飛騨の家具展では岐阜県高山市で作られた家具を数多く展示させていただいています!

普段はご覧になって頂けていない家具などもたくさんございます。

家具だけでなく、飛騨の物産展やワークショップなども開催しており、楽しみながら家具を選んで頂けるかと思います。

イベント中は特別展示として「家具ができるまで」を実際の木材や道具を見て触れていただけるようになっております!

今回のブログではそちらをご紹介いたします!

image

 

家具作りの最初の工程は「木材作り」です。

チェア、テーブル、ソファ、キャビネット・・・

多くの家具には木材が使用されています。

良い木材を作ることこそが良い家具を作る土台となるのです。

image

「木材を作る」とは木を乾燥させることです。

切ったばかりの樹はとてもたくさんの水分を含んでいます。

それをそのまま家具として使用してしまうと空気中との水分量との違いによりに亀裂が入ったり変形してしまったりするのです。

そのため木を乾燥させて木材にする必要があります。

今回のイベントでご協力していただいている日進木工さんでは自社で天然乾燥と呼ばれる方法で気を乾燥させています。

天然乾燥ではスライスした木と桟と呼ばれる棒を重ねた状態で天日で一年をかけて乾燥させます。

長い年月をかけてじっくりと水分を抜くことで木が締まり、粘りのある固い木材になるのです。

昔は天然乾燥のみを行った木材でも問題なく家具にできたそうなのですが、

近年は住宅の気密性が上がったため天然乾燥だけでは乾燥が不十分になってきたため天然乾燥ののち人工乾燥を行います。

人工乾燥では水を使って木を乾燥させるのです。

不思議ですよね。木材は表面を湿らせることによって中まで均等に水分が抜けるのです。

これらを自社で行うメーカーは日本でも数社の限られたメーカーのみでほとんどのメーカーは「木材」を仕入れて家具を作っているのです。

自社で木材を作り匠の目で選定し特徴ごとに使い分けることでしっかりとした家具作りの土台ができるのです。

 

家具は一つの丸太から削りだして作るものではありません。

板や角材を加工し組み合わせることで組み上げていきます。

木材の加工で飛騨の伝統の技が光るのが「曲げ木」と呼ばれる技法です。

読んで字のごとく木を曲げる手法のことです。

木材を蒸し、型にはめたりたりプレスすることによって板や棒を曲線に加工します。

例えばこちらのチェアの脚をご覧ください。

image

背もたれから足まで一本の木が緩やかに曲がっています。

この形を作るのがこちらです。

image

蒸した棒をセットし、曲げた状態で再度乾燥させることで削り出したかのような滑らかなラインを生み出します。

そしてこちらの背もたれも曲げ木で作られています。

image

厚い板を曲げて作られた背中にフィットする背もたれを作るのはこちらです。

image

この緑の方に沿って曲げ、曲げた状態で固定し乾燥させることで背中をしっかりと支えてくれる背もたれを作っています。

曲げなくても削れば同じ形は作れます。

しかし曲げるには理由があるのです。

削り出して形を作る場合余分な部分が多くなり無駄な木材を使ってしまいコストが高くなってしまします。

さらに木の繊維が分断されるため強度面も低下し見た目も荒々しくなってしまいます。

曲げ木は決して簡単ではなく手間もかかりますが、無駄な木を使わず繊維を分断しないため強く綺麗に仕上がるのです。

 

木材の加工が終わると組み上げていきます。

日進木工では組み上げの際は宮大工のような組み方を随所に使います。

image

組み合わせる二つにそれぞれ凹と凸の面を作り組み合わせる「ホゾ組」という手法です。

ホゾ組とよく比較されるのが「ダボ組」です。

image

組み合わせる二つに凹を作り、その二つを木片で結合する方法です。

「ダボ組」は比較的に簡単に作れますが「ホゾ組」は確かな精度が要求されるため手間がかかります。

しかし、ホゾ組の場合は木の繊維が分断されなため強度を強くすることが可能なのです。

組み合わせると違いの判らない二つですが、永く使うことを念頭を置いたときにその違いが出てきます。

より強く 永く使って頂くための構造をしています。

 

イベントの副題にもなっている「美しさ」を作る家具製作の工程をご紹介いたしました。

日進木工の家具には見る人を感動させてたり、驚かせるような彫刻的な美しさはありません。

しかし、使う人の想いながら作ったからこそのやさしさや温かみがあり機能的な美しさを備えているのです。

是非、貴方が使いたいと思える家具を探しにいらしてください。

 

今回も長くなってしまい申し訳ありません。

しかし、まだまだお伝えできていないことがたくさんあります・・・

イベント中の土曜日・日曜日は日進木工からより詳しい方がお見えになりますのでご興味がある方はお話をしにいらしてください!

今回もお付き合いいただきありがとうございました。

 


COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : Nogami Diary 
2018.2.9
2月10日より「飛騨の家具展2018~BEAUTY FOR LIFE」を開催いたします!

2月10日より「飛騨の家具展2018~BEAUTY FOR LIFE」を開催いたします!

今年も岐阜県高山市より雪をかき分けて家具を持ってきていただいております!

image

飛騨の家具と聞くと「和風」というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

とても昔から木工で栄え、今でも伝統と古い町並みが残るのが飛騨家具の産地である岐阜県高山市という場所です。

東京都とほぼ同じ面積ですがほとんどを山林に囲まれ、のどかで古き良き日本を感じることができます。

歴史ある場所で作られているからこそ和風のイメージがあるのかもしれませんね。

そんな飛騨家具を一言で表すと『暮らしに寄り添う家具』です。

日々、木や布や革と向き合い「使って頂きたい」を形にしています。

使い心地が良くないとどれだけデザインが優れていても家具として優れているとはいえません。

デザインが今のお部屋に合っていないとどれだけ使い心地がよくてもインテリアとして優れているとはいえません。

実は家具に求められているものは沢山あるのです。

「使い心地」「デザイン」「耐久力」「色」・・・。

そのすべてに優れている家具こそが「本物」と呼ばれるのです。

そして飛騨の家具は本物と呼ぶことができます。

伝統の技を駆使し人の手で作った使い心地は心も体も預けてしまうほどです。

北欧のテイストを取り入れたデザインはシンプルでモダン、どこから見ても無駄のない美しさを。

匠の目で厳選した素材を匠が組み上げることで確かな耐久力を。

素材の持つ本来の色、それを損なわないように仕上げた家具はなくてはならない物へとなります。

Nogamiのセレクトした飛騨家具はきっと気に入っていただけます。

image

今年は例年よりボリュームアップしております!

そして、今回は家具ができるまでを見ていただくことができる特別展示を行っております!

 

新しく購入をご検討中の方だけでなく、すでにお持ちの方もどのように家具が形になるのかを是非ご覧にいらしてください!

加工途中のパーツや乾燥中の木材、加工用の道具なども見ていただけます。

土曜・日曜・祝日はメーカーの方もお見えになりますのでより詳しいお話をさせていただけると思います!

めったに見れないものなのでご興味のある方は是非お越しください。

 

さらに物産展も同時開催です!

image

飛騨の木工製品をはじめ、飛騨の漆塗りである「春慶」やジュースなどもあります!

このジュース美味しいのですよ! サイズもいくつかございますので飲んでみてください!

ちょっとした観光気分を味わって頂ければと思います!

 

最後に土曜・日曜・祝日限定でワークショップも開催いたします!

image

カッティングボート作りとウッドバーニングを体験していただけます!

カッティングボードはあまりなじみがないかもしれませんが小さなまな板のようなもので持っていると便利です。

ウッドバーニングでは木にコテで絵を描いていただくことができます。

キーホルダーも作れますよ!

image

 

 

このように盛沢山な内容ですのでお時間がよりしい方はお立ち寄りください!

期間は2月10日(土)から2月25日(日)です!

お越しを心よりお待ちしております!


COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : Nogami Diary 
2018.2.6
飛騨の家具展の詳細です!【2月10日~26日】

寒い日が続いておりますが皆様は体調など崩させていませんでしょうか?

愛媛マラソンのランナーさんや応援などで外に出られた方も多いかと思います。

先週末から気温が低いままなので体調に気を使いくれぐれもお病気などされないようにお気を付けください。

今週末には気温が上がり二桁の気温になる予報です。

少し過ごしやすい週末になりそうですね!

 

そんな今週末より、「飛騨の家具展~BEAUTY FOR LIFE~」が当店で開催されます!

伝統の技術と今の暮らしに寄り添ったデザインの飛騨家具がたくさん集まるイベントです。

さらに今回はいつもより拡大版となっております!

そこで今回は家具以外の展示につてご紹介です!

まずは「物産展」のご紹介です。

RIMG0998

岐阜県高山市は家具や木工の町としてもですが観光名所としても知られています。

木工製品はもちろんですが、ジュースなども販売いたします!

トマトジュースが美味しいです!毎回、ほぼ完売いたしますのでお求めの方はお早めにどうぞ!

木工製品でも面白いものがたくさんあります。

木でできたネクタイやパズルなど沢山ございます!

木のネクタイはちょっと重たかったです(笑)

今年は何が来るのかわかりませんが是非、お楽しみに!

恐らくジュースは来ると思います!

 

続いて「ワークショップ」のご案内です!

004

期間中の土・日・祝日は親子で楽しんで頂けるワークショップを開催いたします!

上の画像はちょっと古いので参考までに・・・

今年は「カッティングボード作り」と「ウッドバーニング」を行う予定です!

カッティングボードとは小さめのまな板のようなものです。

ちょっとしたお皿代わりにも使え、結構便利なのですよ!

ウッドバーニングでは木を専用の道具で焼き、絵や文字を書いていただけます。

そうです!ご自分で作られたカッティングボードに絵や文字を書けてしまいます!

ご興味のある方は店頭スタッフにお声がけください!

 

そして、今回は「家具のできるまで」をみて頂ける展示コーナーを設置する予定となっております!

7e3c080a9c4a98093a73a44509ae2627_s

良い家具の定義とは、しっかりとした物づくりとは。

「樹が木になり木材になるまで」や「木と木を組み合わせる」「木を曲げる」といった「木材が家具になるまで」など、

普段はお見せすることのできない部分をお見せしてしまいます!

近年は機械の発達などにより内部構造などをお見せできないようなものも多くあります。

今回のイベントで集まる家具たちは内部構造や製作途中のものでもお見せすることができるものしかありません!

展示されている家具がどのようにできているか見ることができるめったにない機会ですので是非お立ち寄りください!

 

他にも今年から「一枚板」がスタートしたりと多くの企画がございます!

お時間がよろしければ是非、いらしてください!

やま

本日はここまでといたします。

会場設営のため7日より店内が少し御見苦しくなるかもしれませんがご了承ください。

設営中も通常通り営業はしております。

お気軽にお立ち寄りください。


COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : Nogami Diary